blog

2018/02/17 14:53

久しぶりのブログ更新となります。

2月より新しいプロジェクトを始まりましたので、お知らせさせていただきます!

初公開の国の重要文化財「曼荼羅集」(東寺旧蔵 MOA美術館所蔵)をはじめ、多くの皆さまに仏教の教えや文化に興味を持っていただき、“身近に触れるきっかけ作り”や“未来に伝える研究材料”として活用されることを目的に「密教図像集」刊行のためのクラウドファンディングを実施いたします。

ぜひ、皆さまの温かいご支援をお待ちしております!

「密教図像集」刊行プロジェクトページ:https://a-port.asahi.com/projects/mandalapjt/
プロジェクト期間は「2018/2/27〜4/30」となっております。

*プロジェクトは朝日新聞社運営サービス「A-port」(https://a-port.asahi.com)にて行っております。
“弘法大師・空海”が唐から持ち帰った「曼荼羅」(まんだら)をご存知の方が多いことと思いますが、その流れを継いで、平安・鎌倉時代には人々の願いを具現化した「別尊曼荼羅」(べっそんまんだら)が数多く制作されました。それらを収録した図像集「曼荼羅集」は国の重要文化財に指定されていますが、今まで大がかりな歴史的な研究をされることがありませんでした。

併せて、これまで別尊曼荼羅は一般公開されることがなく、貴重な文化財を活用し今後の仏教研究に貢献すると同時に図像の原点から日本仏教のルーツを学び、より仏教の教えや奥深い文化を研究者はもとより美術愛好家などの一般のみなさまに身近に感じてもらうきっかけ作りを創出したく「密教図像集」を刊行することを決断し、クラウドファンディングを実施いたします。

(*上の絵は別尊曼荼羅の一つである「尊勝曼荼羅」(そんしょうまんだら)です。)

【クラウドファンディングの概要】
・プロジェクト名:平安・鎌倉時代の重要文化財「別尊曼荼羅」を保護し、未来に伝える図像集刊行!
・プロジェクトページ:https://a-port.asahi.com/projects/mandalapjt/
・目標金額:500万円
・資金用途:制作に必要な写真撮影・研究調査・原稿執筆・デザイン・印刷製本などにかかる費用の一部に、みなさまからのご支援を充当させていただきます。
・実施日時:2018年2月17日〜4月30日
*支援コースは「5000円〜10万円」までの5コースを設け、コースにより書籍プレゼントをはじめ、「特製グッズ」「東寺”特別”拝観券」など他では手に入らないリターン特典を用意しております。